平田オリザさん主宰・青年団の公演「ニッポン・サポート・センター」、千秋楽へ

「ニッポン・サポート・センター」ポスター

「ニッポン・サポート・センター」ポスター

  •  

 平田オリザさんが主宰する劇団・青年団が吉祥寺シアター(武蔵野市吉祥寺本町1)で上演している公演「ニッポン・サポート・センター」が7月11日、千秋楽を迎える。同公演は2008年「眠れない夜なんてない」以来8年ぶりとなる新作書き下ろし。

 内容は、生活困窮者やドメスティック・バイオレンスの被害者などの一時避難を扱う駆け込み型NPOオフィスで繰り広げられる喜悲劇。現代社会の実情に切り込み、「人を助ける」とはどういうことかという難しい問題に取り組んでいる。

[広告]

 第69回カンヌ国際映画祭である視点部門審査員賞を受賞した映画「淵に立つ」の監督を務めた深田晃司さんは同作について、「めちゃくちゃ攻めた作品で、平田オリザがいまだ表現の前衛を走っていることがうかがい知れる。青年団の俳優の実力も堪能できる。ぜひお越しいただければ」と話す。6日の公演では、キャンセル待ちに40人ほどが並んだという。

 開演は14時と18時(11日は14時のみ)。当日券は各回開演の1時間前より劇場ロビーで販売。

青年団 03-3469-9107(12:00 - 20:00)

吉祥寺シアター 0422-22-0911