プレスリリース

2019東美アートフェア 多彩なゲストを迎えてのトーク・体験イベントを開催

リリース発行企業:一般社団法人 アート東京

情報提供:

この度、東京美術商協同組合は、一流の美術商が一堂に集うアートフェア「2019東美アートフェア」(主催:東京美術商協同組合、企画協力:一般社団法人アート東京)を、2019年10月4日(金)~6日(日)の3日間、東京美術倶楽部(会場:東京都港区新橋6-19-15)で開催致します。 日本を代表する102軒の美術商が一堂に集まる「2019東美アートフェア」では、仏像等の歴史的な彫刻をはじめ浮世絵や屏風等の絵画、現代アートから漆器等の工芸まで、様々な分野や生活様式に相応しい美術品を一斉に披露します。 会期中、日本庭園を望む和室「花の間」、本格的な茶室「済美庵(せいびあん)」では、多彩なゲストを迎えて、刀剣に実際に触れて体感できるイベントや、茶の湯トーク・体験など、「2019東美アートフェア」でしか体験できない貴重なイベントを開催します。 イベント等の申込については、公式webサイトからご覧いただけます。 https://www.toobi.co.jp/artfair2019



2019 東美アートフェア




「空也上人 -ブルーアイ-」上路 市剛  3-34 増保美術



歌川広重「京橋 竹がし」  4-25 西楽堂


「白磁満月壷」  4-23 大塚美術


「YF566」藤田 勇哉  4-18 至峰堂画廊



「金梨子地家紋散金蒔絵鞘 細太刀拵」  4-15 日本刀剣



北大路魯山人   4-8 田島美術店



桑田卓郎「黒銀滴茶碗」  4-4 銀座黒田陶苑


-----------------------------

特別体験・トークイベント企画


トークイベント
茶の湯を題材としたコミックス『茶の湯のじかん』(集英社)の原作者で、古美術コレクターでもある早川光氏をゲストにお迎えして美術の世界に関する様々なお話をお聞かせいただきます。

日時:10月4日(金)18:00~19:00
場所:東京美術倶楽部 2階
ゲスト:早川 光(著述家・漫画原作者)
聞き手:石黒宏一郎(石黒ギャラリー)
入場:無料(東美アートフェア入場券をお持ちの方)

体験イベント「はじめての刀剣 ~本阿彌家が伝える所作体験~」
講師による実演を交えながら、受講者も実際に刀剣の取扱い体験ができます

日時:10月5日(土)15:30~
場所:東京美術倶楽部
講  師:本阿彌 雅夫(刀剣研磨師)
進行:伊波賢一(日本刀剣)
※事前申し込み制 限定30名

体験イベント「はじめてのお茶 ~茶室でお茶を点ててみませんか?~」
都会のビルの中にある本格的な茶室「済美庵」で、所作を学びながら抹茶を点てる体験ができます。

日時:10月5日(土)16:30~
場所:東京美術倶楽部 2階「済美庵」
参加費:1,000円(当日使用する茶筅とお茶菓子代として、茶筅は終了後お持ち帰り頂けます)
※事前申し込み制 限定10名
各イベント申込方法:公式webサイトからお申し込みください。
公式URL: https://toobi.co.jp/artfair2019/events

-----------------------------

出展者こだわりのブース

東美アートフェアの魅力のひとつは、購入前にもお客様に楽しんで頂けるようにと、各出展者それぞれ出展作品の魅力を最大限に引き出すための工夫を凝らしたブース展開を行っていることです。そのブース内では、信頼の置ける美術商や作家に作品についての話を直接聞くことができます。作品ひとつひとつに様々な歴史とストーリーがございます。気になる作品を見つけたら、遠慮なく出展者へ一声おかけください。




呈茶席

東京美術倶楽部内の茶室「済美庵(せいびあん)」では、3日間、表千家、裏千家、官休庵(武者小路千家)の先生方が亭主となり、それぞれ呈茶席と呼ばれる略式の茶席を用意します。ビルの中とは思えない茶室と日本庭園が広がり、東美アートフェアを見て回る際の休憩に、贅沢なひと時をお過ごしいただけます。
各日、軸や花が変わり亭主の趣向を楽しめます。
呈茶券:500円(税込)/回
※お菓子付




公式図録
公式図録価格 1500円(税込)
(※ 「図録・茶券セット券」 2,000円(税込)も前売券限定で販売します。)

なお出展者情報は、公式webサイトからご覧いただけます。
>> http://www.toobi.co.jp/artfair2019/


  • はてなブックマークに追加