プレスリリース

<特定技能ビザ解禁で日本はどう変わる?>今こそ世界中から外国人材を獲得するチャンス!日本版「新」外国人材獲得のメソッドを発表

リリース発行企業:フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

情報提供:

新在留資格「特定技能」の運用開始を前に、世界中の人々がHAPPYに暮らせる、日本版「新」外国人材獲得メソッドを発表いたします。


世界中から国境を越えたグローバル採用支援を行うフォースバレー・コンシェルジュ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下フォースバレー) は、社内のシンクタンク「次世代型 外国人材受入総研」にて、新在留資格「特定技能」の運用開始を前に、日本版「新」外国人材獲得メソッドを発表いたします。

政府は地方を中心とした中小・中堅企業の深刻化する人手不足に対応するため、今春より新在留資格「特定技能」の運用開始を決めました。特定技能の人材層は学歴要件が無いため、このままでは技能実習と同じ18歳以上の中卒・高卒の外国人を多く迎え入れる事となります。単純労働者の増加は、受入地域でのトラブル、犯罪の増加等、欧米諸国の移民問題同様の状況を招きかねません。

では、問題の増加を防ぐと共に、深刻な人手不足を解決する良策とは?「次世代型 外国人材受入総研」は特定技能を含むすべての在留資格の現状分析、問題点の指摘と共に、人材不足という日本の社会問題の解消を目指しながら世界中の人々と助け合い共存する方法を、代表取締役社長の柴崎が世界中のデータを用いた定量的分析をもとに発表いたします。

是非ご取材いただきますようお願い申し上げます。

<次世代型 外国人材受入総研>
–新在留資格「特定技能」運用直前 記者発表会– 世界中の人々がHAPPYに暮らせる、日本版「新」外国人材獲得メソッド

◆日付:2019年3月26日(火)
◆時間:18:30~19:30(18:15開場)
◆場所:WeWork 東急四ツ谷
東京都千代田区麹町 6 - 6 東急四谷ビル 5F
https://www.wework.com/ja-JP/buildings/tokyu-yotsuya--tokyo

◆ご参加お申込みフォーム
http://ur0.biz/0a8v
※ご参加希望の方は事前申し込みをお願いいたします。

◆内容例


ホワイトカラーの外国人獲得に最も有利な国とはアルバイト外国人が急増している理由
外国人材受入政策の分岐点(Bad case, Good case)
世界の高度人材が日本就労を希望する理由
外国人材受入拡大に対する緊急提言 等


【フォースバレー・コンシェルジュ株式会社】
世界中の人材と企業を繋ぐ、国境を越えたグローバル採用支援事業を展開。自社開発のデータベースには約130 ヵ国、約20 万人の高度人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に常時約300 社とお取引をさせていただいております。インド工科大学、シンガポール国立大学をはじめとした世界トップクラスの大学約 700 校における新卒ネットワークを保有。世界中で合同企業説明会・選考会を行い、日本企業と日本就職を希望する人材を繋げています。昨年はAIマッチングによるダイレクトリクルーティングサービス「Connect job」もリリース。自国にいながら世界中の優秀な人材を直接獲得できるプラットフォームを提供しています。省庁・自治体からの事業も多く、本年度は経済産業省・沖縄県・富山県のグローバル人材採用支援事業を受託。官公庁とも連携して新興国の若手人材の就職支援を実施しています。雇用不足の国から、人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献しています。

  • はてなブックマークに追加