大人の社会科見学の写真集発売-工場、地下世界、廃墟などを収録

マーブルトロンより刊行される写真集「見学に行ってきた。」

マーブルトロンより刊行される写真集「見学に行ってきた。」

  •  
  •  

 マーブルトロン(杉並区梅里1、TEL 03-5377-1300)は3月28日、見学団体「社会科見学に行こう」を主宰する小島健一さんの写真集「見学に行ってきた。 巨大工場、地下世界、廃墟…」(発売=中央公論新社、1,890円)を刊行する。

 小島さんは2004年4月より社会科見学を開始、同年6月に見学団体「社会科見学に行こう」を立ち上げる。同年10月、ブログ「見学に行ってきた。」をスタートさせ、同ブログで「日本ブログ大賞2005 写真レポート部門」大賞を受賞する。現在は見学のコーディネーターやコンサルタント、土木系雑誌のライターやカメラマンなどとして活動の分野を広げている。著書に「社会科見学に行こう」「ニッポン地下観光ガイド」(共にアスペクト刊)がある。

[広告]

 同書は5万枚にものぼる小島さんの写真の中から厳選した60枚を収録。鹿島臨海工業地帯や川崎市千鳥町の工業地帯、旧長崎刑務所、首都圏外郭放水路、屋久島、地下トンネルなど、小島さんが「見学」に行ってきた奇観写真を中心とした構成になっている。

 編集担当者は「工場や地下世界、ダムなどの見学に関する写真集はたくさんあるが、それが一堂にそろうのは本書だけなのでは。また、小島さんのカメラマンとしての腕も素晴らしいので、写真だけでも十分楽しめる内容だが、最後にそれぞれの写真の解説を付けたので、ガイドとしても機能している」と話す。

 同社では同日、バーベキューのノウハウやレシピを紹介した「週末バーベキュー!」(1,575円)、レース編みのモチーフや小物の作り方を教える「モチーフ1枚で作れる、レース編みの小物」(1,575円)も発行する。

マーブルトロン

  • はてなブックマークに追加